ホーム / お知らせ・イベント / イベント / 環境に優しい超臨界流体技術活用セミナー 「超・亜臨界流体技術の最新動向と産業応用」のお知らせ【終了しました】

環境に優しい超臨界流体技術活用セミナー 「超・亜臨界流体技術の最新動向と産業応用」のお知らせ【終了しました】

日時 2015年11月04日
13時30分 から 17時20分 まで
場所 京都大学百周年時計台記念館 国際交流ホールI  (京都市左京区吉田本町 京都大学吉田キャンパス内)
連絡先
(公財)京都高度技術研究所 地域産業活性化本部
075-391-1141

━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━

環境に優しい超臨界流体技術活用セミナー
「超・亜臨界流体技術の最新動向と産業応用」のお知らせ
http://www.astem.or.jp/whatsnew/event/20150917-17230.html

━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━…━━━

 超・亜臨界流体を用いた環境・エネルギー技術,材料加工技術に
関する最近の研究開発内容やその産業応用についてのセミナーおよび
京都大学の坂志朗教授の御厚意によるバイオエネルギーを中心とした
バイオマス科学のラボツアーを開催します。
 多くの皆様の御参加をお待ちしております。

■日 時
 2015年(平成27年)11月4日(水) 13:30~17:20
 (ラボツアー 11:00~12:30,技術交流会 17:30~19:00)

 ■会 場
 京都大学百周年時計台記念館 国際交流ホールI
 (京都市左京区吉田本町 京都大学吉田キャンパス内)
 http://www.t.kyoto-u.ac.jp/ja/access/yoshida

■プログラム
◇11:00~12:30 ラボツアー
 京都大学大学院エネルギー科学研究科 
  エネルギー社会・環境科学専攻 坂研究室
 http://www.ecs.energy.kyoto-u.ac.jp/

◇13:30~17:20 セミナー
「超・亜臨界流体技術によるリグノセルロース資源からの
           バイオ燃料やバイオケミカルスの創製」
 京都大学大学院エネルギー科学研究科 
     エネルギー社会・環境科学専攻 教授 坂 志朗氏
 「亜臨界・超臨界流体を用いるプラスチックのリサイクル技術」
 静岡大学大学院総合科学技術研究科 工学専攻 
                   助教 岡島いづみ氏
「超臨界流体を活用した高分子加工」
 京都大学大学院工学研究科 化学工学専攻 教授 大嶋正裕氏 

◇17:30~19:00 技術交流会 
   (会場:京大正門前カフェレストラン「カンフォーラ」)

■参加費:無料 (技術交流会:3,000円)

■定 員:60名 (先着順)
 ※ラボツアーは先着30名。同一機関から多数お申込みの場合は
  調整させて頂くことがあります。 

■主 催:京都市,(公財)京都高度技術研究所,
             京都大学大学院工学研究科附属学術研究支援センター
 
■申込方法:下記URLからお申し込みください。
 http://www.astem.or.jp/whatsnew/event/20150917-17230.html
 
■申込期限:2015年10月16日(金)(定員になり次第締め切り)
 
■お問い合わせ先
 (公財)京都高度技術研究所 地域産業活性化本部 
 SLグループ 担当:水谷,田原
 TEL&FAX:075-391-1141 / E-mail:sl-info@astem.or.jp